はじめに

いらない着物は、しまっておいてももったいないです。買い取りに出せば、着物も有効活用できて、お金も入ります。着物にはどんな種類があるのか、着物買取の相場について、高く買い取ってもらうための秘訣などをご紹介します。おすすめの着物買取専門店ベスト3もあります。

目次

@いらない着物は買い取ってもらいましょう

最近は、いらないものは処分して、必要なものだけで快適に暮らしたいという人が増えてきました。断捨離やミニマリズム、生前整理などが話題になることも多いですね。また、高齢の親が住んでいる実家の片付けや、遺品整理を行う方もいるでしょう。

 

そんな時、処分に困るものの一つが着物です。普段から着物を着る機会がある方ならば持っていても良いのでしょうが、そうでない場合はお手入れも大変ですし、持っていても負担が大きくなります。かといって、高価なものですから簡単に処分するわけにもいきません。なによりもせっかくの着物を、ただしまっておくだけではもったいないですよね。最近は若い人や外国の方にも、着物人気は高まってきていますし、着てくれる人いるならば、着てもらった方が良いですよね。

 

そこで、いらない着物は、買い取ってもらうことをおすすめします。買い取ってもらえば着物も再活用できますし、お金も入って一石二鳥です。

 

A着物の買取には、どのような方法がある?

着物を買い取ってもらうには、どのような方法があるのでしょうか。フリマアプリ、ネットオークションといった方法は、日ごろから馴染みがあるかもしれません。しかし、出品したり、落札者とやりとりをしたり、梱包や発送なども自分でやらなければならなかったりと、時間と手間がかかります。また、手数料も取られてしまいます。リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もありますが、着物を正しく査定できる人がいないのが通常なので、おすすめ出来ません。着物の査定は、知識がない人には難しいものなのです。

 

手間をかけずに簡単に、そしてなるべく着物を高く売りたいという方には、着物買取専門店がおすすめです。着物の知識をもった査定員がいるので、きちんと査定してもらえるのです。着物買取専門店には、通常3つの買取方法があります。査定員に自宅に来てもらう出張買取、宅配便で着物を送って査定してもらう宅配買取、こちらから着物を持ち込む持込買取といった方法です。査定や出張料も無料ですので、お好きな方法を選ぶと良いでしょう。

 

B着物買取専門店ベスト3

着物買取専門店の、おすすめベスト3をご紹介します。

 

バイセル

バイセルは、業界でもトップレベルのスピード対応が特徴です。出張買取の場合は、問い合わせから訪問までが最短で30分という驚きの速さです。着物を買い取ってもらいたいと思ったら、なるべく早く済ませてしまいたいですよね。その方が、気持ちもスッキリします。バイセルならば、訪問までの時間も、査定にかかる時間も速いのです。実際に利用された方々も、バイセルのスピード対応にはビックリされています。もちろん、出張料や査定料は無料です。

 

また、女性査定員を指名できるのも、女性にとっては安心のサービスです。査定員は皆、接客マナーの講習をきちんと受けており評判も良いです。ですが女性の場合は、男性査定員を家に上げるのは躊躇される方もいるでしょう。バイセルでは、女性のお客様限定で女性査定員を指名することも出来るので、安心してご利用いただけます。

 

バイセルは、「他店より1円でも安ければ全品返却いたします」と言っているように、査定額でも満足度が高いです。バイセルには、出張買取、宅配買取、持込買取と、3タイプの買取方法がありますから、お好きな方法をお選び下さい。

 

※2018年7月1日より「スピード買取.jp」はサービス名を「バイセル」へ名称変更致しました。

 

ヤマトク

ヤマトクは、宅配買取専門店です。無料梱包キットで送ることも、ご自分で用意した箱に詰めて送ることも出来ます。買取依頼書に記入をし、段ボールに着物を詰めれば、あとは宅配業者が荷物を取りに来てくれるので、発送の手間もかかりません。査定料、送料も無料です。

 

買取プレミアム

出張買取、宅配買取、持込買取の3つの買取方法から選ぶことができます。出張料、査定料はともに無料です。女性のお客様は女性査定員を指名できる特別プランもあります。

 

C着物の種類

着物には、色々な種類があります。買取価格は、着物の種類によっても違ってきます。着物の種類をきちんと知っておくことは、着物を売る上でも大切なことなのです。ここでは、代表的な着物について、ご説明します。

 

*黒留袖
着物の中で、最も格式が高いのが黒留袖です。地色が黒で、裾部分に柄が入っています。5つの紋が入っていて、既婚女性の第一礼装となります。結婚式で、新郎新婦の親族や仲人夫人が着用します。

 

*色留袖
地色が黒以外の色で、裾部分に柄が入った留袖です。黒留袖の次に格式が高い着物です。昔は既婚女性のみの着用でしたが、現在では既婚未婚を問わず着用することができます。無紋、一つ紋、三つ紋、五つ紋があり、五つ紋の色留袖は黒留袖と同じく第一礼装になります。それ以下の紋の色留袖は、準礼装になります。

 

*振袖
主に未婚女性が着用する、袖の長い着物です。未婚女性が着用する着物の中では、格式が一番高い着物となります。若々しく鮮やかな色彩や、華やかな柄が特徴の美しい着物です。成人式の他、結婚式に招待された時やパーティーなどでも着用できます。

 

*訪問着
裾全体、袖、襟から肩にかけてと、着物全体に縫い目をまたいでつながった絵羽模様が特徴です。昔は三つ紋が入っていましたが、現在では無紋も一般的になりました。既婚未婚を問わず着用できる、準礼装です。

 

*付け下げ(つけさげ)
訪問着を簡略化した着物になります。訪問着よりも、柄が少なめなのが特徴です。訪問着と違い、反物の状態で柄を入れています。既婚でも未婚でも着用できます。

 

*色無地
柄の入らない、黒以外の一色で染められた着物です。幅広い年代、様々なシーンで着用できる着物です。紋の数によって格が変わり、一つ紋は略礼装に、三つ紋ならば準礼装になります。

 

*小紋(こもん)
着物全体に、同じ模様が細かく入っています。礼装以外のおしゃれ着として着用しますが、一つ紋の江戸小紋と加賀小紋は、略礼装になります。

 

*紬(つむぎ)
紬を織り上げた着物です。色合いや風合いに、独特の深みや温かみがあり、ファンの多い着物です。様々な地域で織られていて、その産地ごとに特色があります。

 

D着物の買取相場

着物の種類によって、買取相場は変わってきます。着物の種類別の大まかな買取相場を、まとめてみました。

 

*黒留袖  5,000円 〜15,000円 
*色留袖  5,000円 〜15,000円
*振袖   10,000円 〜40,000円
*訪問着  8,000円 〜45,000円
*付け下げ  10,000円前後
*色無地  3,000円 〜 5,000円
*小紋    500円 〜 6,000円
*紬    6,000円 〜10,000円

 

E着物を高く買い取ってもらうためには

着物の買取相場は、着物の種類によって変わりますが、それ以外にも様々なことが関係してきます。

 

まず、着物の保存状態です。当たり前のことですが、保存状態が良い方が高く買い取ってもらえます。カビが生えていたり、シミがついていたりすると、買取価格は下がってしまいます。

 

また証紙があるかどうかも、査定の大きなポイントになります。着物の証紙は産地によって表示内容が異なりますが、織り元の名前や、正絹シール、検査済証、染め証紙、伝統工芸品マークなどが表示されています

 

着物のサイズも重要です。昔の人に比べて、今の人は身長も高くなってきました。あまりサイズが小さいものですと需要に合わず、値段が低くなります。最低でも身丈160センチ以上、裄丈65センチ以上はあった方が、需要が高くなります。

 

有名作家や有名産地の着物は価値が高く、高い値が付く可能性があります。この場合も保存状態や証紙の有無が査定額に影響します。

 

また、買い取ってもらうお店選びも大切です。着物の査定には、専門的な知識が必要になります。リサイクルショップには、着物査定員がいないのが普通です。せっかく価値のある着物でも、正しく査定してもらえない可能性があります。着物に対する正しい知識をもった背定員のいる、着物買取専門店をおすすめします。